NXPowerLiteファイルサーバーエディション

国内導入企業 9,300社以上

ファイルサーバーの容量不足を解消

  • ファイルサーバーの増設を検討する前に…
  • サーバーリプレースの検討時に…

サーバー内のファイルを圧縮し、空き容量を確保

ファイルサーバー内に保存された肥大化したMS Office(PowerPoint、Word、Excel)ファイルやJPEG、PDFファイルを効果的に圧縮し、ストレージの容量不足を解消します

また、バックアップやウィルススキャンにかかる時間の短縮やネットワーク負荷の軽減、サーバーリプレース時の移行時間やコスト削減など様々なメリットをもたらします


  • HOME
  • 製品情報
  • NXPowerLiteファイルサーバーエディション

導入メリット

ストレージ容量不足を解消

ストレージ容量不足を解消

予想外に容量が不足した際のストレージ容量を確保する手段として即効性があり、手間やコストもかかりません。

バックアップ・リストア時間およびウイルススキャン時間の短縮

バックアップ・リストア
ウイルススキャン時間の短縮

バックアップやウイルススキャン時間、万が一障害が発生した際のデータ復旧(リストア)時間を短縮します。

ネットワーク負荷の軽減

ネットワーク負荷の軽減

軽量化したファイルをやり取りすることで、ネットワーク負荷の軽減や他システムへの影響を防ぎます。

クラウド利用時のコスト削減

クラウド利用時のコスト削減

重量課金でクラウドやグループ会社のストレージを利用している場合、コストを大幅に削減できます。

ファイルサーバーのリプレイスおよび統合の時間とコスト削減

ファイルサーバーのリプレースおよび
統合の時間とコスト削減

リプレースや統合前にファイルを圧縮することで、データ移行時間の短縮やより小容量のサーバーでの運用が期待できます。

iPadでの表示速度向上

iPadでの表示速度向上

iPadでサーバー内にあるファイルのダウンロードや表示するまでの時間が早くなります。

NXPowerLiteファイルサーバーエディションは既存のサーバー/ストレージから膨大な容量を削減できるだけでなく、 サーバーリプレース時の際も様々なメリットをもたらす投資効果の高いソリューションです。
スケジュールを設定して定期的に実行することで、手間をかけずに継続的にストレージ容量の最適化(圧縮)を保つことができます。


圧縮の仕組み

容量が大きいファイル内の余分な部分を取り除き、画像を最適なデータ形式と解像度に変換することでファイルそのものを圧縮します。
ファイル形式や拡張子・機能は全て変わらず、画質や見た目もそのままの状態でファイル内に含まれる全ての属性を保持します。 解凍ソフトや閲覧ソフトも不要のため、今まで通り同じ形式のままファイルを開いて編集できます。

圧縮の仕組み


JPEGファイル圧縮前後の画質比較

圧縮前
オリジナル
 1.47MB
圧縮
圧縮
 650KB

※画像クリックで、圧縮前後の画像を確認いただけます


圧縮方法

非可逆圧縮による圧縮を行います。ファイル内に数多く存在する余分な部分を取り除き、最適になるように調整します。

Word、Excel、PowerPointファイル

  • 不要なメタデータの削除
  • 「高速保存」情報の削除
  • 挿入された画像の最適なデータ形式変換
  • JPEG画像の品質調整
  • 挿入された画像の最適なサイズ調整
  • 挿入された画像のトリミング領域削除
  • 埋め込まれた文書(オブジェクト)の図形化

JPEGファイル

  • 彩度情報のダウンサンプル
  • ハフマンテーブルを使用したそれぞれの画像に合わせた最適化
  • JPEG画像の品質調整

PDFファイル

  • 挿入された画像の最適なデータ形式変換
  • JPEG画像の品質調整
  • 挿入された画像の最適なサイズ調整
  • プライベートデータの削除

主な機能

ユーザーインタフェース

ユーザーインタフェース

スケジュール機能

スケジュール機能

シンプルなユーザーインターフェースで感覚的に操作できます。 圧縮対象/対象外のフォルダーとファイルの種類を選択するほか、圧縮の度合いを設定できます。
進捗状況はダッシュボードのステータスバーで確認できるほか、ファイル情報は種類によって分けられるため、どのアプリケーションが最も肥大化したファイルを生成しているか簡単に確認できます。

開始・終了時間、曜日などを設定し、状況に合わせたスケジュールで圧縮できます。

例:30日以上使われていないPPTファイルのみ圧縮する

レポート機能

レポート機能

ネットワーク経由での圧縮

nas

圧縮終了後、ファイル形式ごとの削減容量などサーバーの概要を含んだレポートを作成します。 また、クイックスキャンを実行するとサーバー内のコンテンツ内容を解析してレポートを作成します。

レポートはストレージの使用状況とファイル形式ごとにあらかじめ決められた圧縮率(PowerPoint:63%、Word:46%、Excel:8%、JPEG:51%、PDF:45% 非圧縮TIFF : 25%、Zip:4%)をもとに 削減容量の予測値を計測してレポートに出力します。

ファイルサーバーがWindowsサーバーの場合、直接サーバーにインストールして利用できます。 NASなど、Windows以外のファイルサーバーの圧縮を行う場合、ネットワーク経由でフォルダーを選択して、圧縮できます。


NXPowerLiteファイルサーバーエディション 導入事例

清水建設 様
建設

清水建設株式会社 様

全社規模のアーカイブシステムを構築するために、提案依頼書には軽量化ツールを要件として明記していました。NXPowerLiteは複数のベンダーから提案を受けました。

日本たばこ産業(JT) 様
サービス

株式会社ノバレーゼ 様

ウエディング衣装・小物のコーディネート管理やiPadカタログに使う写真を、高画質を保ったままNXPowerLiteで軽量化しています。

かんでんエンジニアリング 様
建設

株式会社かんでんエンジニアリング 様

コストとBCP(事業継続計画)を考慮した結果、各拠点にあった100台近くのファイルサーバーを、30台に統廃合しNXPowerLiteを導入することになりました。


エムアンドシーシステム 様
小売・卸売

株式会社エムアンドシーシステム 様
(丸井グループ)

ファイルサーバーの運用コスト削減のためには、『まず軽量化ツール、次に管理ツール導入』という順番をおすすめします。

クボタ環境サービス 様
建設

クボタ環境サービス株式会社 様

9TBのファイルサーバーの更新を前倒しで行わなければならないほど逼迫していたストレージ容量不足を解消しました。そして、NXPowerLiteは予測が難しいストレージ運用に欠かせないツールになると感じています。

パナソニックESネットワークス 様
情報通信・IT

パナソニックESネットワークス株式会社 様

リプレース検討時は当初28TBのファイルサーバーが必要でしたが、NXPowerLiteの事前シミュレーションにより15TBのサーバーで運用できることが分かりました。


NXPowerLiteファイルサーバーエディション 動作環境

対応OS※1、3 Windows 7 SP1 /Windows 8.1 /Windows 10 32bitおよび64bit(シミュレーションのみ)
Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows Server 2022
Windows Storage Server 2012 ※2/Windows Storage Server 2012 R2 ※2
Windows Storage Server 2016 ※2
Windows Server IoT 2019 for Storage ※2
Windows Server IoT 2022 ※2

※1: 対応OS に.NET Framework 4.5.2 以降がインストールされている必要があります
※2: Windows Storage ServerはOEM供給元によって独自のカスタマイズが行われている場合があり、使用できる機能などもその供給元によって異なる可能性があります
※3:対応OSであれば仮想デスクトップ環境でもご利用いただけます(仮想アプリケーション環境ではご利用いただけません)
対応ファイル形式 Microsoft Word(97-2021、Office 365)で作成したファイル
Microsoft Excel(97-2021、Office 365)で作成したファイル
Microsoft PowerPoint(97-2021、Office 365)で作成したファイル
JPEG画像
PNG画像
TIFFファイル(非圧縮TIFFに対応)
PDF文書(バージョン1.4-1.7 Extension Level 8に対応)
ZIPファイル(上記各ファイルを含むファイルに対応)

▼弊社で動作確認しているZIPおよびPDF作成環境は以下の通りです
Windows標準(Windows 7、8.1、10)/WinZIP(バージョン 22)/7-ZIP(バージョン 18.01)
Adobe Acrobat Pro DC/Microsoft Office

※動画ファイルおよび対象ファイル内の動画データは対象外です
必要な空き容量 【インストール時に必要な容量】150MB程度

【実行時に必要な空き容量】
圧縮(またはシミュレーション)実行時はインストールした端末の一時フォルダーを使用します。初期値では2スレッドで処理を行うため、 圧縮対象となるフォルダー内の最も大きいファイルの4倍以上の空き容量が必要です(スレッド数が多いほど多くの空き容量が必要になります)

例:2スレッドで5GBのファイルを2つ圧縮する場合
ファイルの容量10GBと、一時ファイル10GBの計20GBの空き容量が必要
※ZIPファイルの場合、ZIPファイルを解凍するため、さらに空き容量が必要になります
マシンスペック 【必要環境】対応OSが動作するスペック
【推奨環境】CPU:Intel Xeon 2.4GHz 相当以上、2コア以上 メモリ:4.0GB 以上
軽量化対象
ファイルサーバー要件
サーバーのローカルファイルのほか、リモートサーバー上のファイルの軽量化も可能です。
その場合の要件はこちらのページをご確認ください。

NXPowerLiteファイルサーバーエディション 無料体験版ダウンロード

NXPowerLite ファイルサーバーエディション体験版 ファイル診断ツール

ストレージ削減容量の圧縮予測値を算出する機能をご利用いただけます。 ファイルの上書きや修正は一切されません。そのため、安全に実際のデータをご使用いただくことができます。

無料診断ツールのご利用方法
無料診断ツール利用方法


※ファイルサーバーエディションは、ストレージ内のファイルを一括で削減するためのエディションです。 圧縮の効果を実際のファイルでお試しいただく場合はデスクトップエディションをご利用ください


本フォームから体験版をお申込頂いた方には、お電話又はメールにてNXPowerLiteを含む、弊社製品のご案内をさせて頂く場合がございます。あらかじめ、ご了承頂いた上でのお申込をよろしくお願いいたします。なお、ご記入頂いた個人情報は、株式会社オーシャンブリッジのプライバシーポリシーに基づき管理いたします。


PAGETOP